アルトコインとは

>

どんなものがある?仮想通貨

イーサリアムとリップル

ビットコインに続いて、2番目に時価総額が高い仮想通貨がイーサリアムです。
この仮想通貨は、ビットコインの弱点を補強した所が人気につながっています。
代表する機能はスマート・コントラクトと言って、執行条件と契約内容を最初に決めておいてプログラム化する事で、その条件が満たされた時に契約が自動的に実行される仕組みになっています。
次にリップルは、Googleが出資したことで一気に有名になった仮想通貨で、時価総額がビットコイン、イーサリアムに次ぐ3番目の通貨です。
リップルの大きな特徴は、普通の通貨はもちろんのこと、ビットコインやイーサリアム等、他の仮想通貨とも交換が可能な点です。
又リップルは通過料が1000億枚の発行高があり、そこから取引の度に市場に広がっていくことになります。

ビットコインキャシュとライトコイン

ビットコインキャシュは、ビットコインから分裂した仮想通貨で、取引データを格納する箱の様な物を設置する事で、ビットコインよりも早く安全に、数多くの取引を処理することが出来ます。
しかしながらマイニング報酬がビットコインに比べると安価で、マイナーが思うように集まらずに、ビットコインをいまだ超えられていないのですが、近年、徐々に追いつきつつあるのが現状の様です。
最後に紹介するのはライトコインです。
ビットコインが10分かけて行うマイニングを非常に短時間で行うことができるのが最大の特徴です。
取引の完了までの時間を大幅に短縮することで、仮想通貨を支払いに使用する可能性を増やす大きなきっかけになるため、将来性が有望な通貨です。
取引の際の煩わしさをカットすることで送金のコストを下げて、とても使いやすい通貨となっています。